五反田で良心的ランチ-とり鉄「唐揚げ定食」


久しぶりの更新になります。

なかなかブログ書くの続けるのは大変ですね。

今日は、お昼一人で五反田にある「とり鉄」さんで唐揚げ定食を食べてきたので、その感想などを書いて行きたいと思います。

「とり鉄」は、言わずと知られた居酒屋チェーンのお店ですね。

僕も何度か飲み会で利用させてもらっています。

お店の名前のように焼き鳥を始め鳥がメインの居酒屋さんですね。

そんな飲み会など夜に利用する機会が多い「とり鉄」さんですが、今日はランチで利用させてもらいました。

今日頂いたランチは、「唐揚げ定食」です。

お店の外の看板に書かれていて限定30食の600円のランチです。

ランチの価格帯が安くても800円くらいの所、600円はかなり良心的な値段設定です。

限定30食で12時をちょっと過ぎた時間に入店したので、既に完売して食べられない不安もありましたが、無事注文できました。

お昼の混雑時ではありましたが、注文してからそれ程待たされることなく運んできてもらえ、有り難かったです。

「唐揚げ定食」

サラダ

味噌汁

唐揚げ

ご飯

ボリューム

さて先ずは、唐揚げに加えてお味噌汁やサラダもついてくるだけでなく、ご飯は大盛りもお代わりも無料です。

唐揚げも大きく、量的には満足感高いです。

味付け

そして、肝心の味ですが、唐揚げはカラッと揚がってて、醤油としょうがの香りも良いですが、少し薄味です。

ただ写真では見えませんが、お皿に塩胡椒もついているので、味が薄く感じる人はこの塩胡椒で調整したりマヨネーズを付けて食べるのも良いかもしれませんね。

以前、家で作った唐揚げは、タレに漬け込んでしっかりとした味付けにしています。

ただ、味の薄い濃いはそれぞれ好みがあるので、薄味にして塩胡椒で味の調整をするのも、なかなか良いアイデアですね。

ちなみにご飯は、僕の好みの少し硬めの仕上がりになっていて、お腹も空いていたので、ついお代わりしてしまいました。

栄養

僕個人的には、この味とボリュームで600円はかなりお手頃に感じましたし、何回も行っても悪くない印象を受けました。

さてさて、この唐揚げ定食の栄養面はどうでしょうか。

この定食は、唐揚げの材料である鶏肉、小麦粉、油、サラダは、水菜やキャベツ、パプリカなどの食材が含まれているように見受けられます。そして、ご飯やネギとワカメの味噌汁もついてきますね。

鶏肉は、良質なタンパク源で筋肉、血液、皮膚、内臓、髪など細胞の主成分となることが知られていて、人間の体をつくる大事な栄養素と言われています。

それなので、お昼にもタンパク質を摂取すると、細胞の主成分となる栄養を絶えずに補給できて筋肉をつけたい時などは良いと思います。

唐揚げは揚げ物で、揚げる時に使われる油は飽和脂肪酸を多く含んでいます。

そして、飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールの原料になり、取りすぎると血中の脂質のバランスを崩す恐れがありますと言われています。

ただ、脂質は中性脂肪の増加など悪い影響だけでなく、徐々にエネルギーに変わり、高いエネルギー源になります。

ですので、比較的長い時間仕事をしなければいけない午後に、お腹を空かさずに過ごすためには、揚げ物も悪くはないかもしれませんね。

また、キャベツや水菜などの野菜は、食物繊維が豊富で、その食物繊維は腸内環境を整える効果があることが知られています。

そんな食物繊維が豊富な野菜は、油などの消化が悪そうな揚げ物と一緒に食べるのは良い効果がありそうですね。

私個人的には、今回の唐揚げ定食には若干野菜の量が少ない気もするので、もう少しだけサラダのボリュームがあると嬉しいかな。。

以上簡単ではありますが、とり鉄さんの「唐揚げ定食」の紹介でした。

参考

とり鉄 五反田駅前店

■ニックネーム:クックゆうげん ■年齢:30代 ■住んでるところ:都内 ■好きなたべもの:茹でた里芋
投稿を作成しました 69

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る